知ってて絶対損はない!世の中に溢れる「◯◯一択」まとめ

どうも!さばの味噌煮缶が美味すぎてつらいライターのカナモです!

世の中には、いわゆる「一択」の商品やサービスというものがあります。そりゃもう独占禁止法に触れるレベルで。

一択とはつまり「他に選択肢がない」「ある特定の商品やサービスの質が他を圧倒している状態で、他の選択肢があっても実質的にそれを選ぶ以外はありえない。」ということですが、今回はそんな「◯◯一択」を集めてみました。

SPONSORLINK

通販はamazon一択

通販サイトは数あれど、amazonほど商品数豊富で安くて便利なものは存在しないと断言します。

都市部なら「prime now」で、注文から最短1時間で届くし、音楽や映画の見放題サービスも充実しています。

日本では楽天市場も大きなシェアを誇ってますが、楽天は同じ商品が違う店から何十個も出品&表示されてるから、選ぶのが大変なんですよね。その点amazonは同じ商品は基本的に1回しか表示されないので見やすいです。

 

 

爪切りは貝印一択

もう逆に聞きたいです。貝印以外の爪切り使ってるなんて正気ですか、と。

そう思わずにはいられないほど、貝印の爪切りはめっちゃ切れます。

普通の爪切りの音は「パチン」ですが、貝印の爪切りの音は「サクッ」です。大げさでも何でもなく、本当にそんな音しますよ。きっと使ってる鋼材の種類や硬度が違うんでしょうね。

この切れ味を知ってしまうと、他の爪切りでは満足できなくなります。

 

嫁はビアンカ一択

ドラクエ5で、常に議論されてきた問題です。

ドラクエ5は主人公が結婚相手を選べるというイベントがあるんですが、ストーリー的にいうと幼馴染の「ビアンカ」が自然なんですが、途中に出てくる大富豪ルドマンは、主人公をえらく気に入って娘の「フローラ」と結婚するようにすすめてくるんです。

Nintendo DS版だと、更に「デボラ」というルドマンの娘が候補に出てきて、3人の中から花嫁を選ばなければなりません。主人公ハーレムか。

しかも誰もが悩むように、それぞれの相手と結婚した時の、産まれてくる子供の髪の色とステータスが変わってきます。

しかし僕はビアンカ一択です。何故なら微妙なステータスの変化なんて気にしないタイプだから。

そんなことよりも、もしビアンカ以外を選んだ場合、後になって彼女がひとり寂しく暮らしていることを知ってしまい、心が苦しくなります。

楽しむ筈のゲームで苦しくなるのは嫌なんで、ビアンカ一択です。ドラクエ好きならこの気持ちが通じる筈。

 

猫はキジトラ一択

僕は猫が大好きなんですが、数ある猫の中でも「キジトラ猫」が1番好きです。

猫は毛並みによって性格が違ってくるんですが、キジトラの性格は「甘えん坊タイプ」「野生児タイプ」という、2つの相反する特徴があります。

基本的にキジトラに多いのは前者です。野良猫でも人間にベッタリで、警戒心ゼロでお腹見せて寝たりします。ほんまに野良猫か疑いたくなるほどに。

後者は猫の祖先でもあるイリオモテヤマネコの影響が強い個体で、超活発で遊ぶのが大好きです。そして人間になつきにくいという特徴もあります。

まぁどっちにしても可愛くて仕方ないんですが。

 

アウトドアはモーラナイフ一択

僕を語る上でアウトドアは外せないんですが、アウトドアを語る上でナイフは外せません。ナイフがあれば料理や薪割りなど色んなことができるんですが、用途が多いだけに、どのナイフを選べばいいか迷います。

そんな人に僕がおすすめしているのは「MORA KNIV(モーラナイフ)」が販売している「Companion Heavy Duty」です。

ブッシュクラフト(野遊び)が盛んなスウェーデン発祥のナイフなんですが、丈夫で使いやすく、ガシガシ使っても壊れることが少なく、そして何より安い。もっと良く切れてタフなナイフはたくさん有りますが、2000円強という価格でこのクオリティを誇るナイフは他にありません。

初めての1本はこれ以外ないでしょう。

 

海外旅行はインドネシア一択

はい、完全にインドネシアびいきです。

僕は以前インドネシアのバリ島に旅行したことがあるんですが、他のどの国よりもご飯が美味しかったです。

ミーゴレン、ナシゴレン、サテ、カレー、ルンピア、アヤムゴレン、イカンゴレン、オンデオンデなど、もう全部美味しいです。日本人の味覚に合ってます。

あと石垣島にインドネシアの青年達が漁業を学びに来てるんですが、彼らのひたむきさと純真さ(と適当具合)には心を打たれます。仲良くなってみんなでパーティしましたからね。

更にインドネシアの物価は日本の3分の1〜5分の1と非常に安く、低予算でもけっこう贅沢できます。

 

スマホはiPhoneSE一択

スマホは基本的にAndroid派とiPhone派に分かれますが、操作がシンプルで分かりやすいという点で、まずはiPhoneシリーズをおすすめします。

そして数あるiPhoneシリーズの中でも、iPhoneSEが今のところ最高の端末です。

処理能力はiPhone6Sと同じ「A9チップ」というもので、早い話iPhone6Sと同等の処理速度です。

更に細かい話をすると、同じA9チップでも6Sに使われているのはTSMC製で、SEはSAMSUNG製です。両者には微妙な処理速度の違いがあり、全体的に少しだけSAMSUNG製のものの方が優秀です。つまりSEは6Sよりも若干処理能力が高いということです。

そして何よりiPhoneSEはサイズ感が最高です。

片手で操作できないスマホは使い勝手が悪いと常々思ってるんですが、iPhoneSEは画面の端から端まで親指が届くギリギリのサイズです。これ以上大きいと、どうしても両手で操作しなければならないことが出てくるんですが、常に両手が空いてるわけじゃないですからね。

詳しくは以下の記事で紹介してるんで、興味ある人はどうぞ。

最新機種よりも『iPhoneSE』が最高に使いやすい5つの理由

 

空気清浄機はダイキン一択

世間ではシャープのプラズマクラスターだの、パナソニックのナノイーだのと騒がれてますが、空気清浄機はダイキン一択です。

ダイキンは「光速ストリーマ」という技術を使ってるんですが、プラズマクラスターやナノイーに比べ、その効果は抜きん出ています。

プラズマクラスターとナノイーは放出型と呼ばれ、イオンを部屋の中に飛ばして菌や花粉の活動を抑制します。
対して光速ストリーマは取込み型と呼ばれ、本体に吸い込んだ空気中の菌や花粉を分解してしまいます。つまり一度吸い込んだ物は2度と再活性化する心配がないということです。

そして大抵の空気清浄機には加湿機能がついてますが、水アカがつきにくいのは間違いなくダイキンです。と言うのも、光速ストリーマは加湿器の水にも作用して、ヌメリの元となる物質を分解してくれるんです。最高。

勿論プラズマクラスターやナノイーが全く効果なしとは言いません。実感してる人がいる以上、何らかの効果はある筈です。

でも僕は全ての製品を試した結果、ダイキンの光速ストリーマが頭ひとつリードしていると感じました。さすが空調メーカーといった感じです。

 

まとめ

全ての人類が望むのは「世界が平和でありますように」と「世の中の◯◯一択が知りたい!」です間違いなく。

絶対に役に立つかどうかは人によりますが、知ってて絶対に損のない内容です。不要な選択肢が幾つか消えるわけですしね。

この記事を読んだ後に100均で爪切り買った人は、僕が貝印の爪切り持参して深爪にしてやります。

SPONSORLINK

\インスタグラムでワンダーデバイス生活の写真を公開中!/

シェアしてくれたらうれしー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です