BootCampのWindows8でcommandをCtrlキーに変更する方法

どうも。矢野キチです。

タイトル通り。MacにWindows8を入れたんですが、Boot Camp使ったことある方ならわかると思いますが、キーボードの配列が違う部分がやっかいで、特にMacでいうところのCtrlキーはMacではコマンドキーを使うんですよね。

コピペでキーボードショートカットを使うときに、Macで慣れている人ならコマンドキーを使いたいはず…

Boot CampのWindowsでキー配列を変更するアプリは色々とあって、「AppleKbWin」が有名なのですが、これがWindows8では使えないという悲しい状況。

でも今後コマンドキーが使えないなんていうのは、作業効率に超影響してくるのでなんとかしたい。。。と色々と探していたのですが、「KeySwap」というアプリで解決できたので備忘録。

SPONSORLINK

Windowsのキー配列を変更するアプリ「KeySwap」

KeySwapを使ってコマンドキーをCtrlキーとして使うことができました。

まず、KeySwap for XPよりソフトをダウンロード。ダウンロードしたフォルダを開いて、KeySwap.exeを実行します。

(※for XPと書いていますが、Windows8でも動きました。)

この際に注意したい部分が実行する際は、右クリック→管理者として実行してください。

ダブルクリックでは実行できないので注意

普通にダブルクリックだと実行することができないので注意してください。

管理者として実行しないとエラーがでる

管理者として実行しないとエラーがでるので注意

右クリック→「管理者として実行」で問題なく実行できる

右クリック→管理者として実行で問題なく実行できる

右クリック→管理者として実行で問題なく実行できる

設定画面からキーを変更する

設定画面が開くので、変更したいキーを左側の部分に入力し、右側に変更後のキーを入力します。

keyswap

キーを入力してファイルへ保存をクリック。

→名前をつけて保存して完了です。

とりあえず、コマンドキーをCtrlキーに変更しておくだけで幸せになれますよ。

ちなみに、間違って入力してしまった場合は「fn+delete」で削除できます。

KeySwapのいいところ

このKeySwapのいいところとしては、ソフトとして立ち上げておかなくてもイイという点です。

Windowsを起動する度に、ソフトを立ち上げる必要がないのは便利なところです。

常駐しないということは、Windows内のキーボード系のプログラムをいじくってるってことですかね。まあ、今のところ不具合はないので気にしないです。

KeySwapの不具合??

これは不具合なのかどうかのかわかりませんが、controlキーをWindowsキーに割り当てようとおもったのですが、なぜかうまくいきませんでした。

割り当てたはずなのに、当てはまらないので他にも変更できないキーはあるかも…

まあとりあえずコマンドがCtrlになっただけでも幸せになれたのでそれだけでOKです。

SPONSORLINK

シェアしてくれたらうれしー。

ABOUTこの記事をかいた人

矢野キチ

フリーランスのWEB屋です。このブログでは「自由に生きる」をテーマに生活の中で思ったことをザクザク書いていきます。身体的特徴としては目が細いので、ゴミがあまり目に入らないので人生得しています。