もはやメリットしかない!装飾を排除してシンプルな服を着る理由

SPONSORLINK

どうも!ワインとチーズに目覚めたライターのカナモです!

ミニマリストの服装は、基本的にシンプルな物ばかりです。

「キャラクターがプリントされてると可愛いやん」
「シンプルなのは個性無さ過ぎてダサい」

なんていう人も少なくないとは思います。勿論それが間違いだとかカッコ悪いと言うつもりは全くありませんが、じゃあ何故ミニマリスト達はそういった服を持たないのかを考えてみたいと思います。

SPONSORLINK

派手な服のデメリット

まずは、派手な服(プリントや使っている色が多かったり、奇抜なデザインのモノ)を持つ事によって発生するデメリットを僕なりに考えていきます。このへんは人によって考え方が違いますが、ミニマリストの考え方は大体こんな感じだと思います。

 

合わせにくい

s_gf01a201502280400

例えば奇抜なデザインや蛍光色のTシャツは、それに合わせた専用のコーディネートが必要になる訳で、服を減らす上で必須条件である「着回し」ができなくなります。物を持たない主義のミニマリストからしたら、そんなTシャツにはデメリットしか無い訳です。

 

外国語プリントで恥をかく事も

s_20110919_darvish_18

結構やりがちなのが、あまりその意味を考えずに外国語がプリントされている服を買う事です。

パッと見のオシャレ感は大事ですが、意味を知っている人からしたら抱腹絶倒、という事もありえます。どうしても欲しい場合、書かれている意味を調べてから購入する方が無難です。

デメリットをサックリまとめるとこんな感じです。

 

シンプルな服のメリット

s_gf01a201502231000

では逆に、シンプルな服で統一する事のメリットは何があるのかを考えてみます。

これは僕の主観というよりは、当然の結果という感じになります。

 

着回しやすい

シンプルで落ち着いた色の服は、それぞれのアイテムが主張しないので、派手なモノと比べても圧倒的に着回しが簡単です。

「顔が服に負けてる」と、派手な服を着ている人を揶揄する言い方もありますが、シンプルな服はどんな人にも合います。どんな服装であっても、服に着られるような状態は「ダサい」と思われる原因のひとつですが、シンプルな服はその辺の心配もありません。多分。

 

迷わない

着回しができるということは、必然的に服の量が減っていきます。そして服の量が減るということは、服を選ぶ時間が大幅に短縮できるということです。僕も以前は服を大量に持っていたので、あれでもないこれでもないとコーディネートに相当な時間がかかっていましたが、今ではコーディネートを考えるのに10秒もかかりません。

その結果、けっこうギリギリまで寝ることができるようになったし、考える時間から解放されて若干気持ちが軽くなりました。

 

節約になる

これもあくまで結果的にという話ですが、シンプルな服で着回しができるようになると、新しく服を買う必要がなくなります。

例えば今まで月3着のペース服を買っていたとします。それをシンプルな物のみに厳選して着まわすと、ボロボロになって買い替えるまで新しい服を買うことがなくなるため、多くても月1着程度に落ち着く筈です。そうすると年間で24着分のダイエットに成功し、一着あたり4,000円程度と考えると、一年で96,000円も節約できる計算になります。

ハイブランドが好きな人はこれ以上の金額を節約することができる筈です。

 

まとめ

s_lgf01a201412261900

シンプルな服は一見無個性でつまらないものに見えがちですが、本当にオシャレな人はTシャツ・ジーパンをそつなく着こなせるような人のことだと思います。

そして時間やお金の節約ができるなど、服装をシンプルにすることによって様々なメリットを享受することができます。一度それに慣れてしまえば、もうそれ以外の服装ができなくなるほど、シンプルな服装はあなたを虜にすることでしょう。いやマジで。

他の記事でも繰り返しお伝えしていますが、「シンプルイズベスト」です。何事も。

SPONSORLINK