物欲を捨てたいなら財布をミニマルにするべし!!

どうも!ライターのカナモです!

物と一緒に欲も捨てるのが至上命題のミニマルライフですが、じゃあ何を捨てればいいのか?という問題に早速ぶち当たります。

なので今回は、1番最初に捨てるべき物について紹介してみたいと思います。

SPONSORLINK

まずは財布から

誰もが必ず持っていて、常に持ち歩く物。それは「財布」です。

持っている財布とその中身を見れば、その人がどんな人物なのか大体予想できます。「財布=自分の分身」だと思って下さい。

財布の中にレシートやポイントカード、記念に取っているチケットの半券や飲食店の割引券などを入れていませんか?思い当たる人は多い筈です。

それらはミニマルライフという観点から言うと、全て不必要な物です。

その理由をご説明したいと思います。が、まずは僕の財布を紹介します。

image

これが僕の財布です。赤いのはカンガルー革の三つ折りの札入れで、構造がシンプル過ぎてお札以外入りません。紺色の牛革製ウォレットには小銭と免許証、保険証、キャッシュカード、クレジットカードしか入っていません。クレジットカードは旅先での万が一に備えて入れてるだけなので、基本的には自宅保管です。

そして画像の通り非常にコンパクトです。色々試した結果、これが僕のベストでした。

 

大きい財布は誘惑の塊

大きくて札も小銭もカードもたくさん入る財布は、一見非常に便利な物に映ります。しかしそれは心の隙を作ってしまう諸悪の根源誘惑の塊です。

先に「財布=自分の分身」と言いましたが、財布に隙が多いということは、自分自身にも物欲が入り込む隙が多いということです。

そして財布が大きいと、それを入れるバッグも大きくなり、「ちょっとした小物を買ってもバッグに入るし、これ前から気になってたから買いまんねん」という感じになってしまいます。

冗談のように聞こえますが、無意識的にそういう思考になってしまいます。まずは財布をダイエットさせ、物欲をシャットアウトできる体勢を整えて下さい。

 

カード類も最小限に

たまたま入った店で買い物をして、レジで店員さんに「お客人、ポイントカードを作れば次回から○%OFFになる故、作らぬ手はないのでは御座らんか?」と言われ、ついつい「御意」と言って作ってしまう事は誰しも経験してる筈です。

しかしそれは本当にお得なんでしょうか?

もしポイントカードを作らなければ、値札のままの金額で買う事になります。そうすると不思議な事に、それが自分にとって本当に必要な物かどうかを深く考えるようになります。

その結果、ポイントカードがあれば買っていたかも知れない物を諦め、その分のお金が浮きます。これはあくまでも結果ですが。

大事なのは自分にとって本当に必要かどうかを深く考えるプロセスにあります。

 

記念を財布に持ち込まない

「初めて彼氏と行ったネズミーランドのチケットは財布に大切にしまってるのキャッキャウフフ」という人がいます。その人にとってそれはきっと値段のつけられない宝物なのでしょう。

しかし、財布は思い出をしまっておく宝箱ではありません。財布はお金を入れる物であって、それ以上でも以下でもありません。

思い出を財布に入れるとどうなるものか。入れればわかるさ!(猪木っぽく読んで下さい)

どうなるかと言うと、財布の存在を常に意識するようになります。財布(お金)を意識すると、何故か物欲が湧いてきます。

財布を意識の外に置くことで、溢れ出る物欲にオサラバしましょう。

image

まとめ

人の物欲は財布というアイテムに顕著に現れます。財布から一切の無駄を省けば、自ずと物欲も減り、ミニマルな意識にシフトしていくことができます。

SPONSORLINK