何故スタバでMacが浸透したのか?ドトールとの違いを4つの要素から考察してみた

どうも!カフェで飲むのは大抵エスプレッソ、ライターのカナモです!

もはや定番となっている「スタバでMac」ですが、何故このスタイルが定着したんでしょうか?そこには「オシャレだから」「みんなやってるから」だけじゃなく、色んな理由がありました。

今回はスタバでMacが定着した理由を、4つの要素から検証していきたいと思います。

SPONSORLINK

スタバの雰囲気

例えばドトールはコーヒー1杯220円で飲めます。一方スタバは302円と、少し高めの価格設定になっています。

つまり、ドトールは薄利多売になるので、回転率を上げることで利益を得ている訳です。知らんけど。なので、必要以上にくつろげないよう、点内の照明は明るめで、椅子も硬く、長時間居づらい雰囲気を作っています。

一方のスタバは、少し暗めの照明とウッド調のインテリア、深くゆったりと座れるソファ。明らかに「どうそゆっくりしてって下さい」と言っています。

僕も最近スタバでMacデビューしたんですが、やはり落ち着いて作業できるので、それから何度もブログ記事作成のためにスタバを利用しています。

 

色相心理学から見たスタバ

人の潜在的な意識において「色」というのは非常に大きなファクターを占めています。赤は活動的だったり、青は落ち着きがあったり、色によって受ける印象もさまざまです。企業のロゴなんかも、その企業のイメージにマッチした色でロゴを作成しています。

Facebookのロゴが真っ赤だったら違和感あるでしょ?レクサスのイメージカラーが黄色だったら高級感なんて微塵も感じないし。まぁそういうことです。

ここでは、スタバとドトールの「イメージカラー」から、謎を紐解いていきたいと思います。

 

ドトールは黄色

出典:www.tenpodesign.com

出典:www.tenpodesign.com

ドトールのイメージカラーは「黄色」です。黄色が人に与えるイメージは

  • 希望
  • 明るい
  • 未来
  • 幸福
  • にぎやか

などがある一方で、

  • うるさい
  • 目立つ
  • 警戒
  • 未熟
  • 軽はずみ

などのマイナスな面もあります。特に「にぎやか、うるさい」あたりの効果が、ドトールに長時間居づらい雰囲気を作っているんだと思います。

 

スタバは緑色

出典:www.starbucks.co.jp

出典:www.starbucks.co.jp

一方スタバのイメージカラーは「緑色」です。緑色が与えるイメージは

  • やすらぎ
  • 健康
  • 平和
  • 調和
  • おいしさ

などで、マイナスイメージとしては

  • 疲れ
  • 田舎
  • 弱い自己主張

などがあります。田舎は僕からしたらむしろプラスイメージですが。

緑色は黄色に比べ静的な印象の強い色なので、ゆっくりと寛ぐにはピッタリと言えます。そして前述したようにソファやテーブルもゆっくりと寛げる物が多いので、スタバは気兼ねなく長時間居られるような心理的効果があります。

 

スタバの利用者層

スタバとドトールを利用する人にも特徴が見られます。利用者の層と言うのは店にとって非常に重要で、各社取り込みたい客層が結構違います。

ドトールが獲得に成功しているのは

  • ビジネスマン
  • 高齢者

です。僕も会社員時代はドトールをよく利用していました。

一方スタバが獲得に成功しているのは

  • 若者
  • オシャレな人
  • 自称意識高い系(イタい人)

などの客層です。

その中でもMac使用率が高そうなのが「若者」「オシャレな人」です。このへんでもMacとスタバの親和性が高いことが伺えます。

 

客席の距離感

ゆっくりと寛ぐために絶対に無視できない要素が「パーソナルスペース」です。

パーソナルスペースとは要するに「これ以上近づかれたら不快」という境界線のことなんですが、一般的に日本人のパーソナルスペースは密接距離(これ以上近づくなオーラ発動距離)が男性で60cm、女性で58cmと言われています。

p_20161005_134224_1

いまいちピンとこない人は、両手を合わせて肘を水平にして下さい。それが大体のパーソナルスペースです。

これでも海外の人の1/3の広さなんです。実は日本人は案外近づいてもそんなに苦には感じにくいようです。

上でも少し触れましたが、ここではドトールとスタバの座席配置によるパーソナルスペースへの意識の違いを比べてみたいと思います。まずはドトールの座席を見てみましょう。

出典:www.res-keio.co.jp

出典:www.res-keio.co.jp

最低限のパーソナルスペースは守られているようです。しかしゆっくり寛げるほどのものでも無いですね。

これを踏まえて、スタバの座席を見てみます。

出典:yu-hiro.com

出典:yu-hiro.com

うん、パーソナルスペースの侵害はあり得ない。
勿論スタバにも距離の近い席はありますが、逆にドトールにはこういった広い席はありません。

つまりスタバはドトールに比べ「他人との距離を意識せずに寛げる」ということになります。

個人情報が詰まったPCをテーブルに広げるには、ドトールは他人の視線が気になって集中しにくいということが、座席の比較によってよく分かりますね。

 

まとめ

これら4つの要素からドトールとスタバを比べた結果、「スタバでMac」は偶然そうなったわけではなく、スタバが利用客にそう仕向けていると言えます。

なので「スタバでMacなんて恥ずかしくてできない」と思っている皆さんには朗報です。店側がそういう風に仕向けてるんで、気にせずガンガンMac使って下さい。

 

あと非常に重要なことをひとつ。

「ス→タ→バ→」じゃなくて「ス→タ↑バ↓」ですから!
前者で読んだ人は読み直し!

SPONSORLINK

\インスタグラムでワンダーデバイス生活の写真を公開中!/

シェアしてくれたらうれしー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世捨て人かなも

目標は三百名山の登頂! 一度きりの人生、自分の本当にやりたいことをトコトンやってやろうと思い、いつかやってみたいと思っていた『日本全国登山の旅』をしています。 ぼくのブログはこちら