知ってしまうと気になって仕方ない映画あるある

どうも!三脚にスマホセットして映画見てるライターのカナモです!

電車に乗り遅れた人とドア越しに目が合うとか、家電量販店の店員さんが語尾に必ず「はい〜」って言うとか、世の中には色んな「あるある」が溢れています。

「あるある」を言い換えるならば「王道パターン」「鉄板」などになると思うんですが、そういった特定のパターンは何故か印象に残りやすいです。

そんなわけで、今回はみんな大好きな映画にまつわる「あるある」をまとめてみたいと思います。

迷惑な上官

元軍人は退役後、何故かみんな山奥の小屋で静かに暮らします。でも元上官が現れて現場に引き戻されます。

TVで流れると2chが賑わうことで有名な「コマンドー」に代表される王道パターンですね。

凄腕の元軍人が山の中で娘と仲良く暮らしているところにカービー将軍が現れ、「なんか元部下がみんな殺されてるらしいから気をつけてちょ。」と言いに来るんですが、そこから娘が誘拐されたりなんやかんやあって、元部下の一人ベネットと主人公メイトリックス(シュワちゃん)が楽しく遊ぶという内容です。

他にもマーク・ウォルバーグ主演の「ザ・シューター」とか、「ランボー2」とか、状況は多少違っても上官が現れて騒動に巻き込まれるというのは、もはや鉄板です。

 

主人公のタイプは基本2パターン

映画の主人公には、大きく分けて

  • 元々強い主人公が無双
  • ひ弱な主人公が覚醒

の2パターンしかありません。

元々強い主人公が無双

大抵のアクション映画はこのパターンです。
シリーズ物で言うと

  • ランボー
  • ミッションインポッシブル
  • トランスポーター
  • ボーンシリーズ

あたりが有名です。

シリーズもののアクション映画は基本的に主人公が強いです。
そりゃシリーズ重ねても弱い主人公なんて面白くないですよね。

ひ弱な主人公が覚醒

これはゾンビ系映画で多用されるパターンです。

「28日後」「28週後」とかがまさにこれで、状況が飲み込めてない主人公がゾンビの世界に慣れていき、最終的にゾンビどころか人間相手にも無双しだすという内容です。

他にも「ショーンオブザデッド」「アイアムアヒーロー」など、冴えない主人公が荒廃した世界に揉まれて強くなるのは、観ている人の共感を得やすいです。

あとゾンビとは少し違いますが「サベージキラー」はおすすめです。普通の女の子が死の淵から蘇り、自分を殺したクソ野郎どもに復讐する話なんですが、ラストはとても悲しい気持ちになります。

マイナーなB級映画なんですが、僕は好きな作品です。彼氏が最後カッコよすぎる。

 

ダクトテープが大活躍

ハリウッド映画で一番出演率が高いのは、トム・クルーズじゃなくてダクトテープ(銀色のガムテープ)です。

マット・デイモン主演の「オデッセイ」を観た人も多いと思いますが、あの映画ではダクトテープが大活躍していました。実際にアポロ13号の補修に役立って以来、NASAの標準装備だとか。

他にも「デッドライジング」「ブルーストリーク」「ターミネーター2」など、ダクトテープが出演してる映画は数えだしたらキリがありません。

僕もダクトテープを愛用していますが、その用途は多岐に渡ります。ハリウッド映画のダクトテープと、コナンのピアノ線は鉄板です。

 

機密データのダウンロードが遅い

ハラハラさせる演出というのは分かっているんですが、データ容量に関わらず重要なデータを盗んだり送信したりする速度が遅すぎます。

そして必ずダウンロード中に敵が引き寄せられてくるんですよね。大抵はギリギリで間に合って「ふ〜」っとため息をつきます。パッとデータ取ってササっと逃げる映画なんて見たことないです。

スパイ系の映画では必ずと言っていいほどこのシーンがありますよね。

 

嫌味な白人が最初に死ぬ

物語の序盤で死ぬのは、大抵嫌味な白人です。

ゾンビ映画なんかではよくありますが、主人公やそのグループと対立して「勝手にしろ!俺はお前には従わねぇ!」とか言って単独で行動するんですよね。

そして気を抜いた瞬間にゾンビ達に美味しく頂かれます。

逆に最後まで死なないのは、愛すべきおバカキャラの黒人です。

 

最近の天才ハッカーは何でもできる

特技はハッキングの筈なのに、銃器を使いこなしたりパルクールしたり、最近の天才ハッカーは何でもできるようです。

ひと昔のハッカー像は「デブ」「メガネ」「パーマ」の、絵に描いたようなオタクだったのにね。

映画内のポジションも従来は主に脇役・チョイ役だったのに対し、最近は主人公のポジションにすらなりつつあるんで、ピザデブハッカーが主人公だと色々都合が悪いんでしょうね。

時代とともに映画の演出にもIT化の波が押し寄せてきてますね。

 

日本人役は日本人じゃない

これは日本人としてちょっと複雑な気持ちになります。

ジェイソン・ステイサム主演の「ローグアサシン」は、僕の中で伝説のコメディ映画です。コメディ映画じゃないけど。

日本人役の大半が日本人じゃなくて、「ウラギリハ、コロサレル!」とかワケわからん日本語使ってます。

デボン青木もカタコトすぎる日本語で「オトウサマ?」とか言うし、ジェイソンも「ホネダッタ、ゴメン」とか秀逸なボケをかますし、もう観ていて飽きないです。

あと日本の文化を色々と誤解しすぎです。普通に女体盛りが出る料理屋ってなんやねん。

この映画に限らず、日本人役は大抵日系の外国人がやってます。ワイルドスピード3のD.K(ドリフトキング)とかどう見ても日本人ちゃうし。

背景には日本人の英語力の低さが垣間見えますが、いくらなんでも酷すぎる。シリアスな場面でも笑ってしまいます。

映画における言語の壁というのは、日本語に限らず色んなとこで話題になってます。

 

あとがき

今後映画を見る時は、上記のあるあるを意識して鑑賞してみてください。映画の楽しみ方の幅がグッと広がりますよ。

勿論今回紹介したもの以外にもあるあるは沢山潜んでいます。面白いあるあるを見つけて1人でニヤニヤするのもいいでしょう。

こういった映画あるあるはおかしな点も多いですが、それがあることによって妙な安心感もあります。映画という娯楽作品においては、リアリティだけが正義ではないってことですね。

SPONSORLINK

\インスタグラムでワンダーデバイス生活の写真を公開中!/