経験者が語る!パートナーと出会う方法&幸せな結婚生活に必要なもの

どうも!今1番欲しいものは大胸筋、ライターのカナモです!

他の記事でも再三書いてますが、僕は結婚経験者です。そして離婚経験者でもあります。

多様なライフスタイルが認められている現代で、「結婚」というものに価値を見いだせていない人が多いように思います。

しかし、「どうしても結婚したくない」と言う人は仕方ないですが、「結婚したいけどムリ」という人の方が多いと僕は感じています。

それは何故か。幾つかの要因があります。

  • 経済的に不安
  • 自分の時間が無い
  • 相手がいない

主にこの3つが、現代人の結婚を阻んでいます。

しかしご安心下さい。そんなこと気にしなくても結婚はできます。

今回は僕の経験から、結婚に本当に必要なものを、「結婚前」と「結婚後」に分けて紹介したいと思います。

と言っても僕は男なんで、男性目線でしか語れません。しかし女性も知っておいて損は無い筈です。

結婚前に必要なもの

marry-me-1044416_1280

 

まずは結婚にあたって必要なものを紹介したいと思います。

相手

当然ですが、ひとりで結婚は出来ません。結婚前のファーストステップは「相手探し」から始まる訳なんですが、殆どの人はこの段階でつまづいています。そういう人は得てして勘違いしています。

「いつか良い相手に巡り合えたら」なんて思ってませんか?「いい相手」が向こうから来てくれることはまずありません。自分でゲットするしかないんです。

ポケモンGOだって歩かないとゲット出来ないでしょ?

「そんなん無理やんけ」と思っている人はご安心ください。積極的に動けば「いい相手」と必ず巡り会えます。

じゃあどこで探せば良いのかということですが、経験則上、出会う確率が高い場所をお教えします。

 

クラブ

キャバレー的なやつじゃなく、DJがターンテーブル回してる方のクラブです。あそこの良い所は、男女とも酒が入ってテンション高めで、初対面の相手でもすんなり受け入れられる点です。

「男女の出会いに酒の力を借りるなんて」と思っているあなた。そんなスタンスでは、せっかくのチャンスを自ら潰していますよ。だから結婚できないんですよ。

まずは週末クラブ通いしてください。そして「11人」というルールを作って、色んな人に声をかけて下さい。なぜ「11人」なのかというと、その日仲良くなった女性を置いて他の女性に声をかける男は嫌われるからです。

 

合コン(街コン)

男女の出会いの場としては定番です。

身内の紹介による合コンが1番やりやすいですが、ツテがない人は街コンに行きましょう。クラブに比べると仲良くなれる確率は低めですが、相手の素性が分かりやすいというメリットがあります。

 

趣味のサークル

上の2つよりも出会える確率は更に低いですが、趣味が同じだと意気投合しやすいのと、相手がどんな人なのかがよく分かります。

登山やロードバイク、ランニングなど心拍数の上がる趣味なら尚良しです。
吊り橋効果が期待できるんで。

 

勢い

前項にも通じるところがありますが、恋愛は勢いが大切です。

気になる相手が出来ても「自分のことをどう思ってるか分からないから告白できない。」とか思ってる場合じゃないですよ。

決断力の無い男は高確率で嫌われます。

もし相手も自分に好意があったとしても「気になってたけど全然アピールしてこないから次探そ」という悲惨な結末を迎えてしまいます。

フラれるのが怖いのは誰でも一緒です。そんな時はこう考えて下さい。

「世界にはまだ30億人以上の女性がいる」と。

そう考えると、1人や2人にフラれた程度で凹んでる暇はありません。一生かかっても全ての人に告白することなんて出来ない訳ですから。

 

段取りの良さ

念願叶って彼女が出来たとしましょう。既に彼女がいる人は、ここからが本題です。

彼女と結婚したいと考えた時、何よりも重要なのは「躊躇させる時間を与えないこと」です。

ここで非常に参考になるのが「ジャパネットたかた」です。いやマジで。

あの番組は凄いですよ。

「こんなに高機能!」
「そんなあなたにオススメです!」
「今だけ激安!」
「更にこれも付いてくる!」
「訪問設定もなんと無料!」
「送料手数料は弊社負担!」

こんな感じで、視聴者が悩むであろうタイミングで、次々に「買うしか無い!」と思わせるカードを切ってきます。
トントン拍子というのは、まさにあれのことです。

しかも買って後悔したと言う人は少ないです。悩む時間が無いということは、他と比較して落ち込むタイミングも無い訳ですから。

結局恋愛もこれと同じです。

「結婚してくれ!」
「指輪は用意している!」
「来週両親に挨拶に行こう!」
「式場のめどはついてるから見に行こう!」
「こんなドレスが似合うよ!」
「前撮りもしよう!」

これは一例ですが、こんな感じで相手に悩む時間を与えないほうが絶対にスムーズにいきます。変に時間が空くからマリッジブルーになるんだと思いますよ女性は。「考える時間」というのは、時にお互いを不幸にすることだってあるんです。

「結婚はタイミングだ」

とよく言われますが、待っていてもそのタイミングは永遠に訪れません。タイミングがどうこうの言う人は、単に行動力が無く段取りが悪いんです。

 

結婚後に必要なもの

wedding-night-1116722_1280

めでたく結婚できたとしましょう。幸せの絶頂に浸っていることと思います。

しかし油断は禁物、本番はこれからです。結婚というのはあくまでもスタートラインです。

そこから一生幸せな人生を送るのには、相応の努力が必要です。3組に1組が離婚しているというデータが、その難しさを物語っています。

では幸せな結婚生活を送るためにはどうしたらいいのか?というのを今からお伝えします。

 

幾つかの諦め

悲しいかな絶対に必要です。

結婚とはつまり、自分の人生をパートナーや子供にプレゼントするということです。

なので、結婚前と同じようにしている人は絶対に長続きしません。僕はここが徹しきれなかったんで離婚してしまったんだと思います。

 

趣味

独身時代は趣味にお金も時間もかけることが出来ますが、結婚すると大抵の趣味は今まで通りには楽しめません。嫌な言い方をすれば、家庭と趣味を天秤にかける必要があるわけです。

人間観察とか内職が趣味なら奥さんも反対はしないでしょうが、ギャンブルとかキャバクラが趣味ならば、結婚と同時にそれらの趣味を完全に捨てるべきです。

お金と時間を浪費するだけの趣味は、自分だけでなく家族をも不幸にしてしまいます。

 

友達付き合い

独身時代と同じような友達付き合いは出来ないでしょう。家庭を持つと、友達付き合いよりも子育てや夫婦の時間を大切にしないと、離婚まであっという間ですよ。

これも僕は少し覚えがあります。

 

夢(内容によっては)

「今の仕事辞めてHIPHOPで食べていきたい」なんて奥さんの前で言ってしまうと、「なに夢みたいなこと言うてんねん!」と言われることでしょう。女性は男性よりもリアリストですから。

そういう夢は、それができる環境になってから口走りましょう。でないと「こいつホンマに大丈夫か?」と思われる可能性があります。

勿論夢は人生の原動力なので、捨てろというつもりはありません。言うタイミングと環境をよく考えてってことです。

因みに僕の夢は「登山やキャンプしながら旅して生きたい」というものですが、勿論結婚できるなんて微塵も思ってません。

 

信頼

家庭で1番大事なのは「信頼」「安心感」です。

「妻()が子供を虐待してるかもしれない」
「もしかしたら浮気されてるんじゃないか」
「子供がグレるんじゃないだろうか」
「DVが心配だ」

など、家族に不安を抱えて生きていくのがどれだけ辛いか、僕は知っています。

信頼のない家庭には愛も芽生えません。

愛の無い関係なら、いっそのこと離婚したほうがお互いのためです。人はお金だけでは絶対に幸せにはなれません。

 

対話

仕事や育児など、忙しい日々に追われて、ついつい夫婦の会話も減ってしまいます。お互いに悪気があるわけじゃないんですが、次第に相手の気持ちが分からなくなり、疑心暗鬼に陥ります。

その結果「家庭と仕事どっちが大事なの?」というあの有名なセリフが生まれる訳です。

「そんなもん家庭守るために仕事に打ち込んでんねん!」とスマートな回答が出来ればいいですが、大抵は出来ません。と言うより、その話が出てくるということは、話の中身よりもそれを言われてしまう背景に問題があるので、いくらその場で取り繕っても無駄です。

そうならないように、常にパートナーと会話しましょう。

「雰囲気で察せるやろ」という人もいるかもしれませんが、雰囲気で相手の本心まで分かるのはアキネイターくらいなもんです。気になる人はアキネイターで検索してみてください。

 

まとめ

man-802062_1280

結婚とはつまり、とても大切なものを手に入れ守る代わりに、他の何かを諦めるということです。

他の何かというのは人によって違いますが、それらを天秤にかけた時、家族の方が重くないと幸せにはなれません。

そして結婚すると良い意味でも悪い意味でも、今まで通りの自分でいることは出来ません。抑えなければならないことも沢山あるし、守らなければならない人も増えます。

しかしそれが苦に思えないほど大きな幸せを手に入れることが出来るのが、結婚の良いところです。

SPONSORLINK