うつを克服してPC1台で世界中どこででも仕事をできるようになった男の話①

以前STORY.JPでたまたま見つけたストーリーが書籍化された。本の名前は『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』というタイトルの本。久しぶりに本を買って読んでみたのでちょこっと紹介します。

半分読んでみた感想

え、レビューなのに半分の感想?そうなんです。正直まだすべて読みきったわけではないのです。ですが早く誰かに伝えたいという気持ちからこんな書き方をしていることをお許し下さい。

著者プロフィール

阪口 裕樹 さん

1987年生まれ、千葉県出身。 旅をしながらPC1台で旅資金を稼ぐ「パワートラベラー」というライフスタイルを実践中。STORY.JPにて自らがうつを乗り越えてPC一台で世界を旅する用になった話を掲載。大きな話題となり、この度書籍化が決まった。Facebookでのフォロアーは3500人を超えており(2014/04現在)僕もその一人。旅先の世界中から発信される内容は面白くもあり勉強になる内容がおおい。

行動することの大切さを教えられる

主人公の阪口さんは自らの体験を元にこの文章を書いているようです。うつといえば引きこもりで社会から離れそのまま孤立してしまい、復帰のタイミングを逃して…というのを想像してしまいますが、序盤は想像通り(笑)そのままです。

ですが、そこから社会に復帰する。ありがちな内容なんですが、どこか違う内容…おそらく出会っていくキーマンのキャラクターもあるのでしょうか。客観的に見てもとてもためになります。

やはり行動を起こしていくと、必然的に重要な人物に出会えるということなのかもしれません。

なんだか非現実的…だけど身近に感じる不思議な世界観

これはなんででしょう。阪口さんの語り口のせいか、年齢が近いということもあるのか、とても共感できる部分があります。うつという病気を乗り越えて、そこから社会へと挑戦していく姿が人間臭くもあり、何故かスマートな感じにも思いました。

本に書かれていない(書けない)内容もあるとは思いますが、シンプルな考え方で決まったら即行動という、ある意味素直な考え方。見習わなければと思わせてくれました。

自分にどれだけ素直でいれるか。この言葉が本に書かれているわけではないですが、読んでいてそういったキーワードが浮かんできました。

パワートラベラー

最後に阪口さんのPCだけで旅をしながら生活するライフスタイル「パワートラベラー」の中から一文をご紹介して終わりとします。夢があるライフスタイルですよね。

パワートラベラー(Powertraveler)は、世界を自由に旅しながら旅資金を稼ぐ新しいライフスタイルです。 ユーザー役に立つWEBサイトを作って収益を上げる。メールマガジンを書いて有益な情報を届ける。ブログやFacebookを活用して自分ブランディングをする。SNSで世界中のひとと繋がりプロジェクトを企画する。これまでにない面白い企画を立てて電子書籍を出版する…… パソコン1台で、世界中どこにいても収益が上げられる技術を磨き、自分にしかできない情報発信をすることで旅資金を稼ぐ――旅と仕事が融合したこれからの時代の働き方、それが「パワートラベラー」です。 引用:パワートラベラー|旅をしながら旅資金を稼ぐ新しいライフスタイル http://powertraveler.jp/

ステキな書籍に出会うキッカケとなったSTORY.JP

また書籍/Kindleはこちらから!

ちなみに、Kindle版で読むにはアプリが必要です!

Kindle

¥0
(2014.04.29時点)
posted with ポチレバ

ちなみにちなみに、冒頭でもお話した通り、僕はまだこのSTORYを半分しか読んでいません(笑)全部読み終わったら第二弾としてレビューします。

でもこれだけは言えます! お す す め です!

ではまた。

※2014/05/08追記:この記事の続きはこちら!

うつを克服してPC1台で世界中どこででも仕事をできるようになった男の話②

SPONSORLINK