Webデザインを考える前に知っておくべきWebデザイナーの心得

ひとりごと
SPONSORLINK

まず結論からいくとWebデザイナーはとても得だと思います。

というのも、Webというのは参考とできるサイトデザインが自宅に居ながら学べるからです。

普通、プロの描いた絵などを見ようと思ったら美術館やギャラリーに行かなければいけない。名だたる芸術作品もそう。見ようと思ったら博物館にでも足を運ばないと見れないだろう。

でもWebは違うと思いませんか??Webはインターネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこでも素晴らしいデザインのサイトをいくつも見ることが出来ます。しかも、無料で!

1000万円もかかっているような有名企業のサイトも無論、タダで見ることが出来ます。

そして、ここが一番重要になってくるのですが…

『このサイトはどういう理由でこのデザインになったのか』

というのを考えて見ることです。

デザイナーなら一度は聞いたことがあると思いますが、デザインにはすべてに意味があります。線一本とってみてもそう。この間隔で引いた線の意味など。

  • なぜこの色なのか?
  • なぜこの間隔なのか?
  • なぜこのフォントなのか?
  • なぜこの大きさなのか?
  • なぜこのシステムなのか?

などなど。言い出したらキリはないですが、たくさんの要素が相乗効果的に重なって『いいデザイン』は出来ていると考えています。

Appleの製品がカッコいい!とかおしゃれ!と言われる所以は、こういった小さなデザイン。意味のあるデザイン。の積み重ねから出来ているのだと思います。

あなたは、あなたがつくったデザインの意味を語れますか?

この言葉は僕の師匠の言った唯一の教えです。

いつも自問自答しています。

あなたはそのデザインの意味を語れますか?

SPONSORLINK