【キック・アス】ひ弱なオタク高校生がヒーローになるまで

映画

どうも!苦手なものは溺死、ライターのカナモです!

最近はアメコミが原作の映画が人気を博しています。

代表的な所でいうとスパイダーマンやバットマンあたりですね。

でも、等身大なヒーローとして「キック・アス」という作品が、一時期とても注目されていました。

ただの高校生がヒーローに憧れて、ひょんなことから本物のヒーローとして活動するという、ちょっとしたサクセスストーリーです。

 

あらすじ

ヒーローオタクのデイブ(アーロン・テイラー・ジョンソン)は、ニューヨークに住む平凡な高校生だ。

彼はただヒーローに憧れるだけじゃなく、自分自身もヒーローになりたいと思い立ち、通販でマスクとスーツを購入。自作の警棒を背中にたずさえ、ヒーロー「キック・アス」として活動する。

しかしなんの特殊技能も持たない彼は、初日から暴漢に刺され、ついでに車にはねられて重傷を負う。

それでもデイブの心は挫けていない。

ある日の夜、同じようにスーツ姿で見回りをしていると、3人からリンチされている男を発見。

彼を救うべく身を挺して3人の暴漢と戦い、その姿を通行人が撮影してYouTubeにアップする。

するとヒーロー「キック・アス」の名は一気に広まる。

気を良くしたデイブは、友達のケイティ(リンジー・フォンセカ)が麻薬の売人に困っていることを知り、無謀にも売人たちのアジトに乗り込む。

しかし当然の如く売人たちの逆襲に遭い、絶体絶命の状況に陥るが、ヒーローコスチュームに身を包んだヒットガール(クロエ・グレース・モレッツ)と名乗る少女と、彼女の父親のビッグダディ(ニコラス・ケイジ)に助けられる。

この事件により、デイブは売人の親玉であるフランク・ダミーゴ(マーク・ストロング)に狙われることになる。

こんな感じです。

「もし自分がヒーローだったら」と、誰もが1度は夢見たんじゃないでしょうか?

そんな妄想を実現してしまうちょっとマヌケな高校生が主人公なんで、ついつい感情移入してしまいます。

学校の先生で妄想するのも、思春期らしくて笑えます。

 

 

みどころ

ヒットガールのための映画

この映画はヒットガールのためにあると言っても過言ではありません。

それほどクロエ・グレース・モレッツの可愛さと残酷さがはじけてます。

僕はロリコンじゃありません。決してロリコンではないんですが、正直「この子めっちゃ可愛い〜!」ってなりました。

まぁ観てください。絶対そうなりますから。

 

オタクがヒーローになるまで

他のヒーロー映画と違うのは、上で説明した通り主人公が普通の若者だという点です。

スパイダーマンはスパイダーセンス、アイアンマンは鉄のスーツ、アントマンは小さくなる能力。

大抵のヒーローには「こんな風にはなれない」と自分との差を感じてしまいますが、キック・アスは「俺でもなれるかも!?」という妄想を掻き立てられます。

それだけに、彼の一挙手一投足についつい感情移入してしまいますね。

 

爽やかなグロ描写

ヒーロー映画には珍しく、人が死ぬ時の描写がまあまあキツいです。

でも演出やBGMでそのグロさをあまり感じさせないような爽やかさ?があります。

何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、ほんとにそんな感じなんですよ。

 

まとめ

ヒーローに憧れる青年が如何にして本当のヒーローになるのか、そもそもヒーローになれるのか、ついつい感情移入しながら観てしまう作品です。

アメコミが原作の映画としては異色の作品ですが、かなり好きな部類に入ります。

SPONSORLINK