食事さえもミニマルに!究極の食べ物「完全食」とは?

どうも!サンダル生活をエンジョイ中、ライターのカナモです!

今までこのブログでミニマルライフに関する色んなことを紹介してきましたが、今回はある意味で究極のミニマリズムとも言える「完全食」を紹介したいと思います。

「料理するのがめんどくさい」
「食事に時間をとられたくない」
「栄養の偏りが気になる」

という人にはうってつけですよ。

SPONSORLINK

ミニマルライフは食事がネック

物を少なくしたいミニマリストにとって、料理というのはある意味天敵です。

料理を作るためには調理器具や食器類が増えるので、全て外食や弁当で済ませるという人もいます。料理が好きな人ならそれでもいいかもしれせんが、食事を栄養補給と考えてる人にとっては邪魔者でしかありません。

そんな時こそ「完全食」の出番です。

 

完全食とは

完全食とは、それだけで1日に必要な栄養素を全て備えたスーパーフードのことです。

野菜は1日350gとか、塩分は最低1.5gとか、そんなのを一切気にせず、完全食だけを摂取していれば栄養はバッチリというわけです。

完全食には市販のものと、レシピを使って自作できるものがあります。材料を揃えたり調合したりするのが面倒な人は、市販品を買うのがおすすめです。

 

完全食のメリット

完全食を食べることによって得られるメリットをまとめます。

栄養バランスが良い

当然ですが、栄養バランスは他のどの食事よりも良いと言えます。でないと完全食の意味がないですからね。

栄養の偏った食生活を送っている人は多いです。コンビニ弁当やジャンクフードばかりでは、その内身体を壊します。1日のうち1食でも完全食を入れると、不足しがちな栄養素をかなり補えますよ。

食事に時間を取られない

自分で料理を作る場合、メニューを考える時間、材料の買い出し、調理に結構時間を取られますが、完全食ならその手間の一切を省くことができ、結果的に時間の有効活用ができます。

1日のうち、食事にかかる時間は平気1時間30分と言われていますが、全ての食事を完全食にシフトした場合、1ヶ月で45時間、1年だと540時間も変わってきます。時間は有限ですからね。

調理器具が激減

完全食(パウダータイプ)は水と混ぜるくらいで、調理の必要がありません。そうなるとキッチンにある調理器具の殆どは不要になります。

物を減らしたいミニマリストからしたら、完全食は最高の選択肢ではないでしょうか。

ダイエットの強い味方

ダイエットしたいと思っている人には、完全食ほど適した食事はないでしょう。

カロリー計算が簡単にできるし、必要な栄養素もまんべんなく摂取できるので、無理なダイエットで栄養が偏り、不健康になるような事態は避けられます。

まぁ大事なのは運動だと思いますが。

意外と安い

株式会社COMPが販売してる完全食(パウダー)の場合、成人男性で1袋(925g)が4.5食分になります。そして2パックセットで購入した場合、1袋の価格が3500円になるので、1食あたり778円という計算になります。1日3食で2334円ですね。

一見高いようにも思えますが、1回の外食でこれ以上支払うことなんて珍しくないので、その金額が浮いたと考えれば、かなり食費を節約することができます。

完全食COMP/株式会社コンプ

 

完全食のデメリット

当然ながら、デメリットも存在します。

味気なさすぎる

完全食は栄養の補給を目的としたものなんで、味はそんなに美味しくないです。僕はグミタイプの完全食を食べてますが、やはり味はバターチキンカレーの方が5000倍美味いです。

まぁそもそもの目的が違うんで、当然と言えば当然ですが。

カロリーオーバーに注意

完全食だけで1日に必要な栄養素を全てまかなえるので、間食などをしてしまうとカロリーオーバーになりやすいという側面があります。

とは言え、完全食以外何も口にしないというツワモノは中々いません。間食をするならカロリーを計算して、完全食の量を少し減らすなどの工夫が必要です。

一人暮らし限定?

あなた自身は完全食にシフトしようと思ったとしても、家族と一緒に暮らしていると、中々理解を得られないこともあります。

特に子供がいる家庭では、奥さんに「小さい時からそんなもの食べさせたくない!」「みんなと一緒のものを食べて!」なんて言われるかもしれません。

それを無視してまで必要なのかどうかは個人の判断になりますが、家族との関係性にヒビが入るくらいなら普通の食事にしといた方がマシです。

一人暮らしの人ならなんの問題もないですけどね。

 

まとめ

正直そんなに美味しいわけでもない完全食ですが、今までの食事を完全食に変えることによって得られるものは大きいです。

僕の思う1番のメリットは「時間」です。

時間は平等ですが有限です。1日24時間という限られた資産を最大限活用するために、毎日の食事にかかってた1時間30分を別のことに使えるというのは魅力的です。

食事を完全食に変えると、あなたは他の人より毎日1時間30分も時間が増えるんです。素敵。

 

勿論栄養面でも、完全食ほど手軽に補える食事はないです。まずは1日1食を完全食に変えてみてはどうでしょうか?

ミニマリストは物は少なく時間は多く、ですね。

SPONSORLINK

\インスタグラムでワンダーデバイス生活の写真を公開中!/

シェアしてくれたらうれしー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世捨て人かなも

目標は三百名山の登頂! 一度きりの人生、自分の本当にやりたいことをトコトンやってやろうと思い、いつかやってみたいと思っていた『日本全国登山の旅』をしています。 ぼくのブログはこちら