docomoのiPad miniを手に入れたので古いiPadからアプリとか設定とか全部を丸々移行してみた。

ロゴもシンプルでステキ
ひとりごと
SPONSORLINK

こんにちは!きち(@YOSHI_YANO)です。docomoからiPadが発売されるようになって以来、ずっと気になっていました…そして今日とうとうiPad miniを手に入れてしまいました!

ええ。新しいiPadが発売されるということも承知の上ですよ。ええ。なぜ今買ったかという疑問に答えることはできません。

どうしても答えろというなら「docomoにiPadがあったから」と答えるでしょう。

と。寸劇はこれくらいにして、iPadを買って最初にやらないといけない設定やらなんやらを古いiPadからコピー(移行)させたのでその方法やらを備忘録しておきます。

docomoからiPadセルラー版がでた!

っといってもこれはだいぶ前の話なので何を今さらと言われてもおかしくないですが、ずっと気になっていたものへのスイッチがある日突然ONされたということです。

前iPadはWi-Fiモデルなので基本家で使うことが多かったのですが、Wi-Fiモデルを使っていて切に思うことがあったんですよ。それは… 外でも使いたい!てか外で使う確率の方が多いんじゃないか???

ということでした。前iPadはサードモデル。レティナディスプレイの最初の端末なんですが、当時はiPadがdocomoからは発売されていなかったためWi-Fiモデルを買っていました。

ま、ほとんど家でしか使わないだろう。

という甘い考えからだったのですが、これがとんだ勘違い。WEB制作という仕事をしている僕としては外で打ち合わせなどで使う確率が断然高かったのです。その時点でWi-Fiにしてしまったことへの後悔の念と不満が積もっていきました。

Wi-Fiモデルでもデザリングで使えるじゃん!と言われそうですね。

そうなんです。デザリングで使えるんです。

で す が ・・・

人間面倒なことは続かないもの。いちいちiPhoneのデザリングをONにしてiPadでつなげて・・・というのがとっても手間だったのです。

ほんの数十秒で終わることですが、その一手間があるお陰でiPadを外に持ち歩かないようになっていきました。iPhoneやiPadはすぐに起動してすぐに繋がるというのが大きなアドバンテージだということにそこで気づいたのです。

とそんなこんなでiPadのセルラーモデルを買った理由付けというか、言い訳はこれくらいにして、本題の古いiPadから新しいiPadにデータを移行する方法を述べたいと思います。

古いiPadから新しいiPadにデータを移行する

といってもとても簡単で、古いiPadのバックアップをとってそれを新しいiPadに復元するだけ。

まず古いiPadのデータをiTuneにバックアップする

まずは新しいiPadのデータをパソコンに保存(バックアップ)します。古いiPadをPCに接続したらiTuneを起動し、バックアップ › このコンピュータ  を選択しバックアップを作成します。 スクリーンショット 2014-09-02 22.10.52 完全にバックアップが完了したら、古いiPadは用済み。PCからはずしてしまってOKです。

新しいiPadをPC(mac)に接続しバックアップから復元を実行する

今度は新しいiPadをPCに接続。そのiPadで何も設定していない場合、おそらく「新しいiPadへようこそ!Welcome!」的な画面が表示されるので、「このバックアップから復元[古いiPadの名前]」があるのでそこから「続ける」を押す。

するとあとは自動的に古いiPad内のデータがそっくりそのまま新しいiPadへ復元されます。 あとは完全に復元が完了するのを待って、iPadに表示された「ようこそ」の画面をどんどん進めていけば復元完了。

途中AppleIDのログインやiCloudへのログインが求められますが、入力するのはそれくらい。ほとんどは流れに身を任せていけばいいかと。

あとがき

備忘録と言い訳しているだけあって、自分しかわからないような書き方ですが、ここに共有が完了したことを嬉しく思います。 ではiPadセルラーモデルの恩恵を感じながら今週末からの沖縄旅行に向けて、iPadをカスタマイズしていきたいと思います。うひひ ではあしからず。

SPONSORLINK