キッチンエイドプロフェッショナル600 使ってみたよ!メリット、デメリット

SPONSORLINK

ども。ハード系のパンが大好きなヤノエミです。

2年前に5年くらい愛用していたホームベーカリーが故障してしまい、しばらくは手捏ねでパン作りをしていましたが、やっぱりパンを捏ねる機械も欲しいとパン捏ね機を検討しました。

パンを捏ねる機械と言っても、パンを焼いたり発酵までできるホームベーカリーや、捏ねるしか出来ない機械でも上捏ねなのか下捏ねなのか、値段もピンキリ!

そして、情報が少ない!

サイトを見ても使い方くらいしか載ってなくて、
ブログで紹介している人も少ない、比較している人はほぼいない、
購入者のレビューを参考片っ端から読み漁るくらいしか情報がなかったんです。

最終的に購入したのは、KitchenAidのProfessional600。
購入するまでの経緯、メリット・デメリットを伝えていきたいと思います。

created by Rinker
KitchenAid (キッチンエイド)
¥46,980 (2019/08/25 08:57:53時点 Amazon調べ-詳細)
KitchenAid Professional600

少ない情報の少しでも足しになればいいなと思っています。
よかったら読んでくださいね。

メリット

1番は、ホームベーカリーに比べて捏ね上がりの生地の出来が全く違う!

グルテン膜が出来ている!!!!!感動!!!!

ホームベーカリーで捏ねている時は、グルテン膜の形成がなかなかされなかったけど、同じ時間捏ねてもグルテン膜が形成されていました。

※グルテン膜とはパンの捏ね上がりの目安になるもの
 焼き上がりはどのパンでも美味しいのは当たり前!ホームベーカリーのパン
 は焼き上がりは美味しいけど、次の日はパッサッパさなんです。
 グルテン膜が形成されていると、次の日でも柔らかくて美味しく仕上がる
 

その他にはパワーがあり、毎日でもパンを捏ねられる!

キッチンエイドシリーズで他の種類
KSM7(6.9L)、KSM5(4.8L)、KSM150(4.8L)があります。

メーカーの取扱説明書による仕込み目安量の最大・最小の生地の量は

KSM7(6.9L)       最大:2300g 最小:500g
KSM5(4.8L)       最大:1000g 最小:260g
KSM150(4.8L)      最大:800g 最小:230g
Professional600(5.7L ) 最大:1150g 最小:380g

※これは生地の量なので、粉の量は約半分程度を目安に

KSN5、KSM150は、プロフェッショナル600に比べると捏ねられる生地の量も少なく、毎日捏ねたり、最大量で捏ねるとモーターに負担がかかってしまい、故障の原因になるみたいです。

やはり、モーターのパワーが違うと出来ることも広がり魅力できですよね。

デメリット

デメリットは2点、音が大きい!重たい!

まずはどれくらい音が大きのか。
日中一人で使っている時には、特に気にならずに使えくらいの音の大きさ

問題は夜!
子どもを寝かしつけた後は起きないか心配しないと使えないかな。。。っと思って未だ夜っは使えていません。

日中パンを捏ねている時に、テレビを見てみるといつもよりボリュームを10〜15くらい上げないと聞き取れないくらいでした。
※普段は音量10で聞いているテレビも、20〜25くらいに上げて見ていました。

土日の子どもがいる時に使うと、うるさいと苦情がくる事も。。。
子どもたちもテレビの音量を30くらいで聞いていましたね(・・;

もうひとつのデメリットは重たい事。
一度場所を決めると動かすことはあまりないけれど、、たまーに掃除をする時など動かすのにはよいしょがいるかもしれません。

最終的に購入した理由

最後は、KSM5かProfessional60の2つで悩みました。

普段使いするなら、KSM5で十分かなっと思ったり
けどやっぱり、毎日捏ねても負担にならないProfessional600の方がいいのかなっと思ったり

KSM5でも十分量の生地が捏ねられるかなっと思ったり
けどやっぱり、今1斤の食パンを焼いてるけど2斤焼くならProfessional600の方がいいのかなっと思ったり


メリットもあるけど、デメリットも気になる。。。

いろんなブログを覗いてみたり、楽天のレビューを片っ端から読んでみたりと結構悩みました。

最終的には大は小を兼ねるっと思い、Professional600に決定しました。

Professional600は毎日捏ねても大丈夫との事で、購入検討中は毎日作っていなかったけれど、買ったら毎日作るかも!っとポジティブに考えて購入を決めました。

created by Rinker
KitchenAid (キッチンエイド)
¥46,980 (2019/08/25 08:57:53時点 Amazon調べ-詳細)

現在も使い方は模索中

実際に使ってみると、食パン1斤をスパイラルドゥーフックでミキシングするには、生地が少なすぎてきれいに捏ね上がりませんでした。

スパイラルドゥーフック装着時

大は小を兼ねるで買ってみたのに、えっ!使えんのかな。っと少し慌てました。。。

安心して下さい!アタッチメントパーツは後2つあるんです。

左から 平面ビーター スパイラルドゥーフック ワイヤーホイップ

クッキーなどの生地を混ぜるのに使用する平面ビーターと
メレンゲや生クリームを泡立てるワイヤーホイップがついています。

生地に対して当たる面積が多くなるので、粉300g以下の少ない生地の時には、平面ビーターを使用するのがおすすめ!

平面ビーター装着時

ホームベーカリーで作っている時と同じ配合で作ってもうまくいかなかったり、
ミキシングするスピードや時間などもあまり載っていなかったり、

まだまだ、使い方に関しても模索中です。

また、使い方に関してもお知らせしていけたらと思っています。



SPONSORLINK